STORY

TOKYO24 シーズン4
2030年の東京を描く・・・
そこは、人間とAIが共存する”リアル”な世界
「首都・東京を救う特別捜査犯罪チーム・T24の活躍」

2030年-東京はオリンピック開催後、沢山の問題を抱えていた。
国政は選挙制度改革の問題、政治家達の汚職や犯罪が多発、それにより地方分権推進が叫ばれる。
そこに情報化社会でたくさんの物、情報がリアルタイムで輸入され、 国民の考え方、ライフスタイル、価値観の変化と共に、激動の時代に突入していた。
その東京で、人気抜群の女性都知事・東條真知子が手腕を振るっていた。
彼女の公約の1つに、首都の治安維持、警察組織の見直し、特別捜査犯罪チーム・T24の取り組みがあった。

目玉は、AI刑事を誕生させること-

これには民間からも応援を取り付け、真知子のブレーンの科学者によって開発、政策を進めるが、何者かの手によって科学者が誘拐されてしまう。
政策を妨害する者との戦いに挑む知事は、T24に事件解決の命令を下すが、裏で知事を裏切る者が続出。
知事の政策を良く思わない者の犯行が明らかとなるー。